名古屋市港区 Mercedes-benz CLS C218  港北自動車 (中部アライメントセンター)

画像
Mercedes-benz CLS  C218

title

メルセデスベンツ CLS C218 4輪アライメント調整

ベンツ CLS C218 アライメント調整です。知らない間に新しいCLSが出たみたいですね。新しいのはまだ慣れないのでこちらの顔の方が個人的には好きです。

 ベンツ CLS C218 アライメント調整です。
知らない間に新しいCLSが出たみたいですね。新しいのはまだ慣れないのでこちらの顔の方が個人的には好きです。


                            

                            フロント トゥ調整(ハンドルセンター含む)

  フロント トゥ調整(ハンドルセンター含む)

タイロッドの長さを調整してフロントトータルトゥとハンドルセンターを調整します。

アライメントがバッチリでもタイヤの影響(コニシティ現象)のせいでハンドルセンターがズレてしまうこともあります。

※ 当社ではアライメント調整後試運転をしてハンドルセンターがズレている場合微調整を致します。

キャンバ角調整?!!(包括角度含む)

 キャンバ角調整?!!(包括角度含む)

ストラットタイプですが基本的にはここでキャンバ角の調整は出来ません。
中部アライメントセンターでは包括角度を揃える事に注視しています。

あまりにも大きく包括角度が崩れていれば勿論部品交換となってしまいますが、出来るだけ近づける努力はいたします。

やり方は企業秘密です。


包括角度が変われば勿論キャンバ角も変わるので計算をしながら調整していきます。

キャンバー角調整(SAI角含む)

 キャンバー角調整(SAI角含む)

ロアーアームを取り付けしているボルトを交換する事によりキャンバ角を調整します。
キャンバ角以外にもキャスター角、SAI角も変化するので、一番ベストになるように調整いたします。

サスペンション・ボルトを取り外した写真です。
メンバー側に小槌の様な穴が開いています。

※今回はキャスター角が大きく動く方は調整しませんでした。

参考: キャンバー角、調整用ボルト

 参考: キャンバー角、調整用ボルト

この年代のベンツのアライメント調整はこのタイプのボルトになりますが、
車種により使われているボルトが異なるためお車を見せて頂かないとどれにあたるかはわかりません。(殆んどのボルトを在庫しています)

左側がベース(ノーマル)ボルト、右側がアジャスト・ボルト。

これより新しいサスペンションはブッシュ交換タイプになってきました。

 リヤ トゥ調整 (スラスト角含む)

リヤのトゥは定番のカムでの調整となります。

スラスト角も同時に揃えます。

※ 申し訳ございません。写真を撮り忘れてしまいました。



お問い合わせはこちら 052-654-7171 中部アライメントセンター

アライメント調整の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!