名古屋市港区 FORD F150 4X4 2009-14  港北自動車 (中部アライメントセンター)

フォード F150 4X4 アライメント調整

 フォード F150 4X4 2009-14 アライメント調整

ハイアップしたので、アライメント調整をしました。
大きい車に、さらに大きいタイヤを履くからめちゃめちゃでかいです。

ハイアップ、ローダウンをしたら、必ずアライメント調整をしましょう。
そのままでは、走行不安定だし、乗り心地は悪いし、タイヤはすぐに減ってしまいます。

ノーマルでも左流れをしますので、中部アライメントセンターで、キッチリアライメントをお勧めいたします。

 フロントトゥ調整(ハンドルセンター含む)

言わずと知れた、トゥ調整です。

タイロッドの長さを調整してトータルトゥとハンドルセンターを調整いたします。


ノーマルの車の場合、メーカー基準値に合わせればよいのですが、ローダウン、ハイアップ、ワイドホイールなどカスタマイズされたお車の場合、基準値に合わせただけでは、ダメです。


ハイアップ車はハイアップなりのセッティングが必要です。ローダウン車はローダウンなりのセッティングが必要となります。

ホイールもワイドホイールにした場合、セッティングを変えてあげないと気持ちよく走ることが出来ません。



細かいセッティングはお客様の乗り方などに合わせて調整することも可能ですし、プロにお任せでも構いません。

 キャンバー角&キャスター角調整(SAI角含む)

ロアーアームの取り付けが長穴となっています。

1つ動かしても、キャンバ角、キャスター角も一緒に動くので、バランスを見ながら調整をします。

加重が掛かている為、ナットを緩めると「ガクン」と動くので微調整が結構難しいです。


※ キャンバー角も車のカスタマイズによって、数値を変えていきます。

アライメント調整は、基準値に合わせればいいものではありません。

 キャスター角&キャンバー角調整(SAI角含む)

ロアーアームの取り付けが長穴となっています。
1つ動かしても、キャンバ角、キャスター角も一緒に動くので、バランスを見ながら調整をします。

加重が掛かている為、ナットを緩めると「ガクン」と動くので微調整が結構難しいです。



片方だけ動かすと、キャスター角が大きく動きます。

両方同じだけ動かすと、キャンバー角が動きます。


※ 調整機能はキャンバ角、キャスター角となりますが、包括角度に左右差がある場合、ハブナックルの曲がりがある可能性がありますので、そこもしっかりアライメント診断をさせて頂きます。


キャンバー角、キャスター角を合わせればOKではありません。


まずは、アライメント診断をお勧めいたします。

 リヤスラスト角調整

リヤはリジットアクスルの為、基本的には調整機能がありません。

ですが、中部アライメントセンターでは諦めません。

スラスト角が出ているお車は、出来るだけ0に近づけるように努力をいたします。(ご希望により)


特に、ブロックを入れてある場合は、思った以上にスラスト角が動きます。

(もちろん調整限度がありますのですべて調整できるとは言えません。)


 お勧め!!

輸入車(左ハンドル車)のほとんどは、日本で走行すると左へ流れます。

本国仕様となっている為、左流れが当然となります。

日本仕様にするような、アライメント調整をすると、気持ちよく走れます。

(タイヤの影響によりハンドル流れが発生しているもは左流れが止まらない場合があります。)

まずは、中部アライメントセンターでアライメント診断をお勧めいたします。

お客様が、困っている事の原因を見つける為にアライメント診断を致します。


アライメントが原因での不具合の場合、アライメント調整をすることにより解決できます。


御予約は、メール、TEL、LINEどれでも結構です。

お気軽にご相談ください。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
052-652-2441
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

アライメント調整の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!