名古屋市港区 サスペンション選び! 本当にそれでいいの?!  港北自動車 (中部アライメントセンター)

サブページメイン画像

サスペンション選び! 本当にそれでいいの?!

 サスペンションのカスタマイズには、いろいろあります。
車高調整キット、ローダウンスプリング、スポーツショック、ホイールインチアップ等。

値段が高いものが一番いいとは限りません。
街乗り使用しかしない人が、サーキットでタイムを出す為にセッティングをした車高調整キットをつけてもいいことが何もありません。

あなたが求めている、サスペンションを探すお手伝いをさせて頂きます。


まずは、サスペンションをカスタマイズするには、まず車高調整キットを入れるか、ノーマル形状のサスペンションに交換するかが悩みどころとなります。

 車高調整キットと言ってもいろいろあります。


全長式、ネジ式、Cクリップ式等があります。

全長式: メリット  ・スプリング力を変えずに、車高調整をすることができます。
     デメリット ・アブソーバーストロークが少なくなります。

ネジ式: メリット  ・アブソーバーストロークを大きくできます。
     デメリット ・車高調整幅が少なくなります。(ヘルパースプリングを付けることにより調整幅を大きくすることはできます。)

Cクリップ式: メリット  ・コストを下げることが出来ます。
        デメリット ・車高調整をする場合微調整が出来ない、取り外しての調整となる。

全長式はお客様好みの車高、バネレート等へセッティングをすることが出来ます。


※セッティングにこだわりがある方はこちらをお勧めいたします。

ネジ式はメーカーさんの開発が試行錯誤をしてベストだと思われるところとなっています。


※サスペンション性能を求める方はこちらをお勧めいたします。

Cクリップ式は、サスペンション性能重視で、


※車高微調整など気にされない方はこちらをお勧めいたします。
(出ている車種が少ないです。)

 ノーマル形状のサスペンション

純正のサスペンションは自動車メーカーさんがサスペンションの構造からすべて計算をして一番いいと思われる商品となります。このサスペンションを大きく崩さずにカスタマイズするものがノーマル形状のサスペンションとなります。

車高調整キット等のように車高調整は出来ませんが、ノーマルの耐久性を出来るだけ維持しながら、カスタマイズできるように考えられています。

乗り心地は純正が良いが少しローダウンをしたい方はこちらをお勧めいたします。

 車高調整キット、ノーマル形状のアブソーバーどれもショックアブソーバーになります。

ショックアブソーバーでも、シングルチューブ・アブソーバーとツインチューブ・アブソーバーと種類があります。

 シングルチューブ・アブソーバー(単筒式)

スポーツ走行に適したアブソーバーとなります。
ピストン径が大きく出来るので、ピストンの動きをスムーズにする事が出来ます。

内部構成部品の精密度が高いものが要求される為、コストが高くなります。

ガス圧を高くすることにより、高温時でもキャビテーションの発生を抑えることが出来ます。


こんな方にお勧め:スポーツ走行がしたい、ワインディング走行がしたい、純正ではロールが多くて気持ち悪いと思われる方はこちらをお勧めいたします。

 ツインチューブ・アブソーバー(複筒式)

純正アブソーバーのほとんどがこちらのアブソーバーです。

ストロークが多く取れます。

スポーツ走行等をするとダンパーオイルの温度が上がりキャビテーションが発生する場合があります。


こんな方にお勧め:硬いサスペンションは嫌い、ノーマルに近い乗り心地で少しおしゃれにローダウンをしたい。

 サスペンションメーカーも色々あります。

自分の車にはどのサスペンションがいいのかを決めるのに、多少お手伝いをさせて頂きます。


どのような乗り心地にしたいのか、どのように使用をするのか、ご予算はどれくらいなのか、走行距離はどれくらい走られているのかなど色々お伺いをして、ご提案を致します。



ビルシュタイン、オーリンズ、KYB、HKS、TEIN、RSR、クスコ、KW、ザックス、コニなどいろいろメーカーのお取り寄せもできます。

お気軽にご相談ください。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
052-652-2441
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら