名古屋市港区 アライメント調整 Q&A  港北自動車 (中部アライメントセンター)

画像
アライメント調整 Q&A

title

アライメント調整についての質問

 Q1
ローダウン車にしてから、タイヤの摩耗がひどくなってしまったけどアライメント調整で直るの?

A1
 かなり良くなるでしょう
基本的にローダウン等、サスペンションに手を入れたら必ずホイールアライメントが狂う こととなり、タイヤが早期摩耗します。サスペンション構造の違いにもよりますがハンド ル流れの症状も発生いたします。サスペンションの再組付けによる狂いを、ホイールアラ イメント調整で補正すれば「かなり」良くなります。
なぜ「かなり」なのか?
サスペンション形状やローダウン量により、ホイールアライメントの変化量に違いがある のと、大きく変化してしまったキャンバ角を補正する為の調整機能が、備わっているか、 備わっていないかで調整方法が異なり調整が出来ない車もあるためです。

 Q2
アライメント調整した車でも、タイヤの内側摩耗が直らないと聞いたのですが本当ですか?

A2
ローダウン量が大きすぎる車両でよく見かけます。
ローダウン量が大きすぎたりすると、タイヤの傾きが大きくネガティブ・ キャンバ(マイナス・キャンバ) になってしまい、タイヤへの荷重負担が内側よりとなってしまう為、荷重負担による摩耗は避けられません。キャンバ角を調整しない限り、内側摩耗が発生する こととなります。調整機能が無ければ、車高を調整することも必要とります。自動車にファッション性を求めすぎれば、実用面から外れてしまいあまり良い結果 は望めません。

 Q3
調整機能の無い車でも調整が出来るのですか?



A3
 調整機能が備わっていなければ、一般的には調整は不可能です。 
一般的には調整機能が無ければ調整出来ませんが、ハンドル流 れが発生している状況ですと、フロントタイヤには必ず偏摩耗が発生することとなります。当社では、左右バランスの崩れから来る限偏摩耗が発生しないよう、 最低限のバランス調整の手当てをしております。車種によりその調整方法は多彩で、調整費用も一般的な調整機能付車両よりも少し割高となります。
車種により全く調整が出来ない車両もありますので事前にご相談下さい

  Q4
ローダウン後、他社でアライメント調整をしたがタイヤの片減りが収まらない。何処に問題があるのだろうか?

A4
 正しいお答えは出来ません。
他社での調整は内容がわかりませんので、お答えのしようが有りません。
どんな摩耗状態なのか、車両状況がどうなのかを確認しないと正確にはお答えできません。測定調整データーがあれば、データーからその車の特性が読み取れま すので、そのデーターと車両をお見せ下さい、状況をご説明させていただきます。

 Q5
ホイールとタイヤをインチアップしてからフロント・タイヤの摩耗が気になる、アライメント調整で良くなるだろうか?

A5
極めて良くなります。
ホイールをインチアップすれば、おのずとワイドホイールとな るのが一般的で、ホイールのオフセットは標準よりプラス側にセツトされることとなります。ホイールのオフセット量を見極めてのアライメント調整が必要とな ります。標準のアライメント調整では、タイヤの偏摩耗が発生することとなりますので、ホイールのオフセット量を見極めての調整が重要となり難しいところで す。色々研究しノウハウを持ったショップでの調整をお奨めします。
私どもでは、極端なインチアップ・ホイールはお奨めいたしません。

 Q6
ホイールとタイヤをインチアップしてから、轍でハンドルがひどく取られるようになってしまった。アライメント調整で良くなるだろうか?

A6
和らげることは可能ですが、取り除くことは出来ません。
ホイールのオフセット変更が一番の問題であり、全てを取り除くことは不可能です。キャンバ角の設定変更とトータル・トゥの設定である程度和らげることが可能ですが、サスペンションの構造上出来ない車も有ります。

 Q7
ハンドルが流れるとの事で、何度かホイールアライメント調整をしたが直りきらない、直す方法は無いだろうか?

Q7
直す方法はあります。
ハンドル流れの現象には色々な要因があり、単純にホイールアライメント調 整のみでは解決しない車両も多々有ります。ホイールアライメント診断及び調整はあくまで原因追求の一手段であり、そのアライメント・データーが正確な情報 であるならば、次の原因を探求するための最良の情報となり解決することが出来ます。当社では、ホイールアライメント診断調整料金の他に少し費用はかかりますが解決しております。

 Q8
フロントタイヤの片側(一輪)だけが丸く摩耗してしまうが、ホイールアライメント調整で直るだろうか?

A8
アライメント調整で全ての車両を直すことは出来ません。 
よくある症状ですが、一部の車両を除きホイールアライメント調整のみで修 復することは難しいでしょう。ホイールアライメント診断をすることにより、その原因を探求することが可能です。部品交換を含めその原因を取り除いた後、ホ イールアライメント調整を実施すれば解決いたします。
原因探求の為のホイールアライメント診断でも、高度なノウハウが必要な症状であります。

 Q9
フロントタイヤの片側(一輪)だけが偏摩耗してしまうが、ホイールアライメント調整で直るだろうか?

A9
ほとんどの車両は直るでしょう。
よくある症状ですが、一部の車両を除きホイールアライメント 調整で修復することが可能です。このような車両のほとんどにハンドル流れが発生しています。そのハンドル流れを補正しながら走行していることによりタイヤ の偏摩耗にいたるのですが、車両の状況により偏摩耗する部分が異なっております。その部分はホイールアライメントのデーターが物語ります。ただ修復するに 当り部品交換が必要になる場合もあります。

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!