名古屋市港区 HONDA RIDGELINE  港北自動車 (中部アライメントセンター)

画像
HONDA RIDGELINE

title

ホンダ リッジライン アライメント調整

US ホンダ リッジライン アライメント調整 風景です。

 US ホンダ リッジライン アライメント調整 風景です。

最近入庫が増えてきました。 愛知県名古屋市近郊でアライメント調整するなら中部アライメントセンター


輸入車両のほとんどが本国仕様(右側通行)のまま日本に輸入されています。
当社では、日本仕様の絶妙なバランスでホイールアライメント調整を施工しています。
お客様からは他社にない味付けで「車を運転するのが楽しみだ」と大変喜んで頂いております。

フロント トゥ調整

 フロント トゥ調整

フロントのトータルトゥとハンドルセンターを調整します。

フロントキャンバ角調整(包括角度も含む)

 フロントキャンバ角調整(包括角度も含む)

ストラット式なのでストラットとハブナックルの組付部のガタを利用して調整します。
キャンバ角だけでは包括角度を合わせれないので気をつけて調整します。

写真はありませんがSAI角とキャスタ角はサスペンションメンバーをベストな位置に調整(クレドル調整)します。
SAI角、キャンバ角、包括角度、この三拍子のバランスが大切

ほとんどのお店がここまで調整していないようです。


車高を上げて(ハイトアップ)キャンバ角がポジチブ(プラスキャンバ)に成り過ぎて「走行安定性が悪くて」お困りのオーナー様はぜひ御相談ください。当社ではキャンバ角調整ボルトを用意しておりますので、お困りごとを少しでも改善できるよう努力させていただきます。

リヤ トゥ角調整(スラスト角)

 リヤ トゥ角調整(スラスト角)

リヤのカムを動かしてトゥ角とスラスト角を調整します。
お車の状況によりりやのキャンバ角左右差を減らします。
調整機能はありませんが、ご要望の場合最善を尽くします。


キャンバ角左右差が30’以上ある場合はキャンバ角調整をお勧めいたします。
※ もしかしたら足廻のどこかが曲がっている可能性も???!!


お問い合わせはこちら 052-654-7171 中部アライメントセンター

アライメント調整の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!