名古屋市港区 LAMBORGHINI Aventador  港北自動車 (中部アライメントセンター)

画像
LAMBORGHINI Aventador

title

ランボルギーニ アヴェンタドール

ランボルギーニ アヴェンタドール アライメント調整

 ランボルギーニ アヴェンタドール アライメント調整

スーパーカーはカッコイイ!!街中で走ると目立ってしまいます。

最高級車だからこそ最高のアライメント調整が必要です。

輸入車両のほとんどが本国仕様(右側通行)のまま日本に輸入されています。
当社では、日本仕様の絶妙なバランスでホイールアライメント調整を施工しています。
お客様からは他社にない味付けで「車を運転するのが楽しみだ」と大変喜んで頂いております。


フロント トゥ調整 (ハンドルセンター含む)

 フロント トゥ調整 (ハンドルセンター含む)

フロントトータルトゥとハンドルセンターを調整します。

一番大切な調整箇所ですが、ここだけではあまり意味がありません。

アライメント調整は何といっても全てのバランスが一番大切!!



お問い合わせはこちら 052-654-7171 中部アライメントセンター


フロント キャンバ角&キャスター角 調整  ( SAI角含む )

 フロント キャンバ角&キャスター角 調整  
( SAI角含む )

フロントロアーアーム取付部のシムを抜き差しする事によりキャンバ角及びキャスター角を調整する事が出来ます。
シム厚を調整してキャンバー角及びキャスター角のバランスを調整します。

前後のシム厚を加減しての調整となりますが、一箇所調整するとキャンバ角とキャスタ角が同時に変化しますのでよく考えながらシムの入れ替えをしないと何度もの繰り返しになってしまいます。

大切: 包括角度は調整することは出来ませんので、包括角度に左右差が大きい場合はハブナックルの曲がりが考えられます。(部品価格も高価ですので正確なデーターに基づく慎重な判断を要します)


お問い合わせはこちら 052-654-7171 中部アライメントセンター



リヤ トータルトゥ&スラスト角調整

 リヤ トータルトゥ&スラスト角調整

トータルトゥ&スラスト角はカム式の調整機能が付いていますので、
繊細なタッチの調整ができます。


お問い合わせはこちら 052-654-7171 中部アライメントセンター



リヤキャンバ角 調整 ( セットバック含む )

 リヤキャンバ角 調整 
( セットバック含む )

リヤのロアーアーム取り付け部のシムを抜き差しする事によりキャンバ角とセットバックを調整します。


前後のシム厚を加減しての調整となりますが、一箇所調整するとキャンバ角、セットバック及びトゥも動きますのでよく考えながらシムの入れ替えをしないと何度もの繰り返しになってしまいます。


お問い合わせはこちら 052-654-7171           
中部アライメントセンター



参考: アライメント調整用シム

 参考: アライメント調整用シム

基本的には在庫を持っていません。
3.0mm、1.0mm、0.5mmのサイズがあるそうです。

現車に付いているシムの入れ替えで調整が出来ればその日に調整が終わりますが、調整しきれない場合は部品発注後再度ご入庫となってしまいます。ご了承ください。


お問い合わせはこちら 052-654-7171
 中部アライメントセンター


アンダーカバー 脱着

 アンダーカバー 脱着

重要な働きをするアンダーカバー(空力・整流)が床下全面に取り付けられている為、そのアンダーカバーを外さないと調整が出来ません。アンダーカバーを外すだけでも1時間、取付にもⅠ時間程を要しますので手間の掛る車です。


お問い合わせはこちら 052-654-7171 中部アライメントセンター

アライメント調整の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!