名古屋市港区 こんな症状が出たら4輪ホイールアライメント調整  港北自動車 (中部アライメントセンター)

画像
こんな症状が出たら4輪ホイールアライメント調整

title

こんな症状が当てはまれば
アライメント診断をお勧めいたします。


 ハンドル流れ  (車が真っ直ぐ走らない)

アライメント診断、調整をご依頼頂く中で一番多いご用命事項です。
新車時から、中古車を購入したら、タイヤを換えたら、ローダウンをしたらなどいろいろあります。原因にはアライメントのズレ、タイヤのコニシティ現象、サスペンション取り付け不良など色々あります。
ハンドル流れが発生するとロングドライブでは疲れを感じる事とともにタイヤの片減りを引き起こし、ますますハンドル流れが強くなってしまいます。大きなタイヤでは購入費もばかになりません。
気になったらまずアライメント診断!!原因が解れば問題解決へ
アライメントの基本 はこちらから


 タイヤ片減り (タイヤ偏摩耗)

タイヤ片減りの原因の多くはアライメントのズレです。
タイヤが片減りすると言う事はタイヤが無駄に削れていると言う事です。
燃費悪下、走行不安定、出力低下、制動距離の拡大等を引き起こします。
本来持っているタイヤのポテンシャルを100%発揮させる為にもアライメント調整をお勧めいたします。
アライメントの基本 はこちらから


 走行不安定  (高速走行時、ふらふらする)

走行不安定には色々な原因が考えられます。
サスペンションの設定不良、アライメントのズレ、タイヤのユニフォミティ不良などがあります。
プロスタッフが試運転することによりお客様の感じている不具合を体感して、アライメントデーターと照らし合わせて的確なアドバイスと最適なセッティングを提案致します。
アライメントの基本 はこちらから


 ローダウン、サスペンション交換後

ローダウン、サスペンション交換など足廻りを外すとアライメントが大きくズレてしまいます。
そのまま乗っているとハンドル流れ、タイヤ片減り、走行不安定などの不具合が発生する可能性があります。
 ローダウン、インチアップなどのカスタマイズされた場合、アライメントデーターをメーカー基準値に合わせてもベストとは言えません。
ローダウン量、ホイールインセット量などから判断して、ベストなアライメント調整をするには豊富な知識と技術が必要となります。
他店とは違う究極のアライメント調整を体感してください。
 修理などでサスペンションを取り外した場合、サスペンションのタイプによってアライメントが大きくズレてしまうものもあります。当社ではすべてアライメント調整をお勧めするわけではありません。
お客様ニーズに合わせて、ベストなご提案をさせて頂いております。
アライメントの基本 はこちらから


 事故修理後

・部品はすべて交換したのでアライメントは必要ない?
・後ろの事故だからフロントは関係ない?


本当にそうですか? 部品の取り付け状態は大丈夫ですか?左右のバランスは崩れていませんか?後ろの事故の衝撃でフロントはずれていませんか?サスペンションは1輪だけで成り立っていません。殆どの車は左右がつながった状態で取り付いています。
そのつながり(サスペンション・メンバー、サスペンション・ビーム)にも外力が入るのでその部分がずれて左右バランスが崩れてしまいます。

アライメントの基本 はこちらから


安心、安全、快適に乗っていただく為の最後のチェック
をお忘れなく。


アライメントが整ったからこそ、最良の走行フィーリングが発揮されます。



お問い合わせはこちら 052-654-7171 中部アライメントセンター

アライメント調整の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!