名古屋市港区 16000台達成御礼  港北自動車 (中部アライメントセンター)

画像
16000台達成御礼

title

ホイールアライメント診断調整16000台達成お礼
(H28.8 17000台達成)

当社はホイールアライメント診断調整の重要性と必要性を早い時期から感じ、整備事業者だから出来る作業メニューと位置づけ、車を安全に安心して乗りこなせる事が整備事業者に与えられた使命との思いを第一に取り組んでまいりました。 ホイールアライメント診断機の1号機を投入したのが28年前の昭和63年、そして、アライメント診断調整台数が1万台に達成したのが平成20年。今では、アライメント診断機も4号機と5号機が活躍するまでに至り、昨年5月時点で16000台に達しました。ホイールアライメント診断やアライメント調整の必要性が認知されたおかげだと思っています。これからもPL法の関係を含め必要な診断整備と認識されますので、日々努力と向上心を持って取り組んで参りたいと思っています。当社をご利用頂いております皆様に感謝申し上げますとともに心よりお礼申し上げます。【 当社の現状と取組 】当社では年間約900台前後のアライメント診断整備の入庫が有ります。その内訳では、一般の方の入庫が約250台、ディーラー(外車ディーラーを含む)からの入庫が約100台、整備工場、鈑金工場、一般の自動車販売店からの入庫が約550台となっています。又、一般の方での入庫にはリピート入庫も多くありますが、その他、約3割は他社でアライメント調整をしたが思わしくないので何とかならないだろうかとの相談での入庫となっています。一般のかたの入庫と自動車専門店からの入庫動機には大きな違いが有ります、それは何故でしょうか?一般の方のご認識は「アライメントテスター完備、アライメント調整いたします」と書かれていればどのお店でも同一の品質で仕上がるものと思い込んでおられる方が殆どだと思います。その思いから考えれば、価格の安いお店に行ってしまうのが必然的な事だと思います。しかし、ディーラーを含め自動車専門店ではただ安いだけの価格では補えない「仕上がり品質」を求めていますので、仕上がり品質が割安であるお店を選んでいる事だと思います。鈑金工場では事故修復後のPL法の問題が有る為、お店の信用問題にもなる再修理を避けたいからこそ、目で見て判らない隠れた不具合箇所がアライメント診断から確定できて修復出来る事が重要で有るとの考えであり、自動車専門店ではお客様からの依頼が殆どなので100%満足して頂ける品質こそがお店の信用となる為、お店選びは慎重にならざるを得ないのが実情だと思います。「中部アライメントセンター」ではどの様な入庫でも、オーナー様や元請け様のニーズを聞くとともに、ロードテストの結果と測定データーを確認してどこに問題が有るかを診断した後、作業内容と料金を打ち合わせて作業を確定いたします。事故修復車であれば、測定データーからそのまま調整作業を進めて問題が無ければ左右バランスを整えて完成させます。しかし、問題点が有ればその問題点を追及して不具合箇所を特定診断し、客先様と打ち合わせ後追加整備を致します。そして、整備完成後にアライメント診断と調整を致します。この診断をする為に重要なカギとなるのが、正確で詳細な測定値と20年以上を掛けて養った診断技術です。作業完了後には詳細なアライメントデーターとともに、受け入れデーターに対する批評、完成データーに対する合理性、そして完成に至る作業内容を記した書面を作成しオーナー様にお渡ししています。【お店によってアライメント調整作業で何が違うのだろうか?】第一に作業環境が整っているか。作業環境で重要なのは日々のメンテナンスであり、アライメントテスターは高い精度に校正(基準点の精度)がなされているか、作業台となるリフト類のレベル(4輪のタイヤが水平な状態)が保たれているかです。リフトのレベルが僅か5mm程度ずれていてもデーターは別物になってしまい診断に誤りが出てしまいます。第二に作業者に自動車の整備知識と実務経験が有るのか。第三に測定データーを見て診断ができる「サスペンションとアライメントに係わる専門知識」と「調整に必要な技量」が備わっているか。これらの三要素が揃っていて本来のホイールアライメント診断調整の出来るお店となるのです。 (キャンバ角、キャスタ角、トゥ及びスラスト角のみの調整作業では、本来のアライメント診断調整とは言えません)「中部アライメントセンター」では作業に対しオーナー様の立場に立って自分だったらどこまで追求できるのか妥協せずに取り組んでいます。しかし、自動車自体の個体差もありますので100%願いが叶う車ばかりではありませんが、オーナー様の期待に添える様努力は惜しみません。この様に大変シビアな作業ですのでやり甲斐のある仕事で有ります。「中部アライメントセンター」ではアライメント診断調整に20年以上のベテラン社員2名が当たっていますので、何なりとご相談いただければ問題解決の糸口は見つかると思います。当社はホイール・アライメント調整におきましては全国的に見ても老舗なお店となっています。老舗だが故の豊富な知識と技術を自動車社会の発展に寄与していく事が使命であるとの思いで取り組んでいます。今後ともお気軽にお声掛けいただけます事を願っています。                        平成28年2月吉日

 当社はホイールアライメント診断調整の重要性と必要性を早い時期から感じ、整備事業者だから出来る作業メニューと位置づけ、車を安全に安心して乗りこなせる事が整備事業者に与えられた使命との思いを第一に取り組んでまいりました。
 ホイールアライメント診断機の1号機を投入したのが28年前の昭和63年、そして、アライメント診断調整台数が1万台に達成したのが平成20年。
今では、アライメント診断機も4号機と5号機が活躍するまでに至り、
昨年5月時点で16000台に達しました。

ホイールアライメント診断やアライメント調整の必要性が認知されたおかげだと思っています。
これからもPL法の関係を含め必要な診断整備と認識されますので、日々努力と向上心を持って取り組んで参りたいと思っています。

当社をご利用頂いております皆様に感謝申し上げますとともに心よりお礼申し上げます。


【 当社の現状と取組 】

当社では年間約900台前後のアライメント診断整備の入庫が有ります。
その内訳では、一般の方の入庫が約250台、ディーラー(外車ディーラーを含む)からの入庫が約100台、整備工場、鈑金工場、一般の自動車販売店からの入庫が約550台となっています。又、一般の方での入庫にはリピート入庫も多くありますが、その他、約3割は他社でアライメント調整をしたが思わしくないので何とかならないだろうかとの相談での入庫となっています。
一般のかたの入庫と自動車専門店からの入庫動機には大きな違いが有ります、それは何故でしょうか?
一般の方のご認識は「アライメントテスター完備、アライメント調整いたします」
と書かれていればどのお店でも同一の品質で仕上がるものと思い込んでおられる方が殆どだと思います。その思いから考えれば、価格の安いお店に行ってしまうのが必然的な事だと思います。しかし、ディーラーを含め自動車専門店ではただ安いだけの価格では補えない「仕上がり品質」を求めていますので、仕上がり品質が割安であるお店を選んでいる事だと思います。
鈑金工場では事故修復後のPL法の問題が有る為、お店の信用問題にもなる再修理を避けたいからこそ、目で見て判らない隠れた不具合箇所がアライメント診断から確定できて修復出来る事が重要で有るとの考えであり、自動車専門店ではお客様からの依頼が殆どなので100%満足して頂ける品質こそがお店の信用となる為、お店選びは慎重にならざるを得ないのが実情だと思います。
「中部アライメントセンター」ではどの様な入庫でも、オーナー様や元請け様のニーズを聞くとともに、ロードテストの結果と測定データーを確認してどこに問題が有るかを診断した後、作業内容と料金を打ち合わせて作業を確定いたします。事故修復車であれば、測定データーからそのまま調整作業を進めて問題が無ければ左右バランスを整えて完成させます。しかし、問題点が有ればその問題点を追及して不具合箇所を特定診断し、客先様と打ち合わせ後追加整備を致します。そして、整備完成後にアライメント診断と調整を致します。
この診断をする為に重要なカギとなるのが、正確で詳細な測定値と20年以上を掛けて養った診断技術です。
作業完了後には詳細なアライメントデーターとともに、受け入れデーターに対する批評、完成データーに対する合理性、そして完成に至る作業内容を記した書面を作成しオーナー様にお渡ししています。



【お店によってアライメント調整作業で何が違うのだろうか?】

第一に作業環境が整っているか。
作業環境で重要なのは日々のメンテナンスであり、アライメントテスターは高い精度に校正(基準点の精度)がなされているか、作業台となるリフト類のレベル(4輪のタイヤが水平な状態)が保たれているかです。リフトのレベルが僅か5mm程度ずれていてもデーターは別物になってしまい診断に誤りが出てしまいます。
第二に作業者に自動車の整備知識と実務経験が有るのか。
第三に測定データーを見て診断ができる「サスペンションとアライメントに係わる専門知識」と「調整に必要な技量」が備わっているか。
これらの三要素が揃っていて本来のホイールアライメント診断調整の出来るお店となるのです。
 (キャンバ角、キャスタ角、トゥ及びスラスト角のみの調整作業では、本来のアライメント診断調整とは言えません)

「中部アライメントセンター」では作業に対しオーナー様の立場に立って自分だったらどこまで追求できるのか妥協せずに取り組んでいます。しかし、自動車自体の個体差もありますので100%願いが叶う車ばかりではありませんが、オーナー様の期待に添える様努力は惜しみません。
この様に大変シビアな作業ですのでやり甲斐のある仕事で有ります。

「中部アライメントセンター」ではアライメント診断調整に20年以上のベテラン社員2名が当たっていますので、何なりとご相談いただければ問題解決の糸口は見つかると思います。

当社はホイール・アライメント調整におきましては全国的に見ても老舗なお店となっています。老舗だが故の豊富な知識と技術を自動車社会の発展に寄与していく事が使命であるとの思いで取り組んでいます。今後ともお気軽にお声掛けいただけます事を願っています。

                        平成28年2月吉日

お問い合わせはこちら 052-654-7171 中部アライメントセンター

アライメント調整の他のページ
















Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!