名古屋市港区 SUBARU IMPREZA GT7  港北自動車 (中部アライメントセンター)

画像
SUBARU IMPREZA GT7

title

スバル インプレッサスポーツ GT7 アライメント調整

サスペンション タイプ Dスバル インプレッサスポーツ GT7 アライメント調整です。

 サスペンション タイプ D

スバル インプレッサスポーツ GT7 アライメント調整です。

当社でもこの型式は初めてです。基本的には変わっていませんが補強が入ったり、ハブナックルがアルミだったりでバーションは上がっているみたいですね。

フロント トゥ調整(ハンドルセンター含む)

 フロント トゥ調整(ハンドルセンター含む)

いつものようにタイロッドを調整してハンドルセンターとトータルトゥを調整します。

ここはどこのお店でもやっているところですね。

キャンバ角調整(包括角度含む)

 キャンバ角調整(包括角度含む)

矢印のボルトを緩めて調整します。

いつもはこのボルトのガタを利用して調整するのですが、スバルはちょっと違います。

上の方のボルトが偏芯カムとなっているのでボルトを動かすことによりキャンバ角(包括角度含む)を調整することが出来ます。

特にこの車は、キャンバ角だけの調整ではダメですよ!!!



キチンと包括角度が左右揃うように調整をします。

SAI角、キャンバ角、包括角度、この三拍子のバランスが大切

キャスター角(SAI角含む)

 キャスター角(SAI角含む)

写真の矢印のボルトを緩めてSAI角を調整します。
サスペンションメンバーを動かしてSAIを合わせます。


サスペンションメンバーを左に動かせば左のキャスター角が減って、右のキャスター角が増えます。

これをうまく使って全てを調整します。

ロアーアームの組付でキャスター角を調整することもできますよ。



上記のキャンバ角を揃えた時に包括角度が揃うようにSAI角を調整します。


リヤトゥ調整(スラスト角含む)

 リヤトゥ調整(スラスト角含む)

リヤのトータルトゥとスラスト角を調整します。

これも一番オーソドックスですね。

 アライメントが崩れていると下記のような症状が出る場合があります。
1つでも当てはまる場合はお早目のアライメント診断をお勧めいたします。

・ハンドル流れ
・タイヤ片減り
・走行不安定
・ハンドルセンターズレ
・ローダウンした。(スプリングのみ、車高調キットをいれた)
・オイル漏れをしたのでアブソーバーを交換した。(ストラット式)
・事故修理をした
・カスタマイズをした


お問い合わせはこちら 052-654-7171 中部アライメントセンター

アライメント調整の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!